七草粥の由来とは?健康にいいんだって?

七草粥

七草粥は、1月7日に食べるって、

言われてますよね。しかし、 あなたはなぜ

1月7日に食べるか、知ってますか?

今回は、その七草粥の由来ついて話していきます。


スポンサードリンク

七草粥の由来とは?

七草粥を食べる習慣は、

平安時代あたりから行われていたんですよ。

 

これは、春の七草や餅などを具材とする、

塩味の粥で、その一年の無病息災を願って、

年の初めに食べるんです。

 

また、七草粥を食べる習慣は、祝膳や祝酒で弱った胃を

休める為にある、とも言われています^^

 

現代では、正月行事として、定着しているんですが、

本来は1月7日の人日(じんじつ)の日

行われる、人日の節句の行事なんですよ^^

 

ちなみに、人日とは文字通り「人の日」

という意味で、中国の前漢の時代に、

・1日は鶏
・2日は狗(犬)
・3日は猪
・4日は羊
・5日は牛
・6日は馬
・7日は人の日
・8日は穀

として、それぞれ新年の運勢を占いで見ていました。

そして、唐の時代には、人日の日に、

「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」という、

7種類の若菜を入れた汁物を食べて、無病息災を願うようになりました。

 

ちなみに、「羹」はあつものと読み、汁という意味です。

そして、官吏昇進を1月7日に決めたことから、

その日の朝に七種菜羹を食べ、

立身出世を願っていたと、言われています。

 

この風習が日本へ伝来し、年のはじめに

若菜を摘み、自然界から新しい生命力をいただく、

 

「若草摘み」という、日本古来の風習と結びついて、

「七草粥」となり、平安時代の宮中行事として、

この粥を食べるようになったんです。

 

さらに、江戸時代人日の節句(七草の節句)

として、五節句のひとつに定められ、定着していきました。

また、7日というと、松の内(一般的に1月1日~1月7日)の

最後の日にあたります。

 

つまり、この粥が定着した由来は、

お正月の食事で、疲れた胃腸をいたわり、

 

野菜が不足しがちな、冬場の栄養補給をする

という効果もあり、

この日に粥を食べることで、

 

新年の無病息災を、願うようになったというわけですね(;’∀’)

 

これで由来は分かりましたね^^

でも、「七草」が何なのか、知っていますか?

それでは次に、「七草」とは何かについて、話していきますね(^^)/

 

七草粥の七草とは?

一般的に、七草粥の七草は「春の七草」をさします。

春の七草とは、次の7つのものです。

芹(せり)…水辺の山菜で香りがよく、食欲が増進します。

・薺(なずな)…ペンペン草とも言います。江戸時代に人気があった食材です。

・御形(ごぎょう)…別称は母子草といい風邪予防や解熱に効果があります。

・縷(はこべら)…目によいビタミンAが豊富で、腹痛の薬にもなります。

・仏の座(ほとけのざ)…別称はタビラコ。食物繊維が豊富です。

・菘(すずな)…蕪(かぶ)のこと。ビタミンが豊富です。

・蘿蔔(すずしろ)
…大根のことで、消化を助け、風邪の予防にもなります。

 

以上が春の七草です。

今回春の七草を紹介しましたが、七草粥を作るときは、

春の七草以外のものでも、実は問題ないんです。

ネギ、ホウレンソウ、ミツバなどの野菜でも、

 

新鮮な野菜であれば、

自然界から新しい生命力をいただくという、

本来の意味につながるので、

 

無理に春の七草である必要はありません(;’∀’)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ