マリーゴールドの花言葉は?黄色は下品な心?!

MaryGold

マリーゴールドは、

太陽を表現しているかのように

温かくエネルギッシュです。

マリーゴールドの花言葉は、愛する人への熱い思い、

相手に尽くす、そんな愛を表現しています。

一方で、嫉妬や絶望という意味も、花言葉にはあります。

そんな、裏表のあるこのフラワーについて

今回、話していきますね(;’∀’)


スポンサードリンク

マリーゴールドの花言葉は?

マリーゴールドの花言葉は、

[colored_box color=”red” corner=”r”]

・濃厚な愛情
・健康
・生きる友情
・予言可憐な愛情
・勇者
・嫉妬心
・別れの悲しみ
・悪をくじく
・絶望
・悲哀

[/colored_box]

というようなものがあります。

また、によっても、花言葉に違いが出てきます。

H06400403

<黄色のフラワー>

・下品な心
・健康
・可憐な愛情

<のフラワー>

・予言
・真心

黄色のフラワーの花言葉の中に、「下品な心」というのがありますね(‘Д’)

これは、濃厚な愛を育んでいる人たちに対して

嫉妬心を持つなんて、下品ですよ、という意味かもしれませんね(笑)

 

それでは次に、マリーゴールドの特徴について話していきますね(;’∀’)

 マリーゴールドの特徴は?

このフラワーは、約50種がメキシコからアメリカにかけて

幅広く分布しています。

しかし、その中で栽培されている種類は、なんとたったの3種だけなんですよ。

caf4623c

ちなみに、その3種というのは、

・アフリカンマリーゴールド(丈が高く花形が大きい)

フレンチマリーゴールド(いろいろな花を咲かせる)

メキシカンマリーゴールド(葉が細く繊細な花)

のことです。

また、花の色は、

・白色
・黄色
・オレンジ色
・赤色

と約4種類ほどあり、

花の咲き方は、

・覆輪(ふくりん)
・絞り
・一重咲き
・八重咲き

などがあります。

images

このフラワーは、丈夫な花の中の1つで、

真夏の暑い時期でも、花をよく咲かせることができ、

初夏から秋の終わりのほうまで咲くため、夏の花壇として人気があります。

 

独特の香りを発しています。

香りというと、いい匂いなのかな?と思うかもしれませんが、

どちらかといえば、少し刺激的な匂いがします(‘Д’)

マリーゴー~1

しかしこの香りは、ただ刺激的なだけでなく、

ちゃんと役に立っているんですよ。

どこで役に立つかというと、農作物を栽培するときに有効なんです^^

 

この香りというのが、害虫を駆除する効果があるようで、

ハーブや野菜などと一緒に、栽培されることがよくあるそうです。

 

 マリーゴールドの名前の由来は?

このフラワーの属名は、

「ターゲテス」となっています。

06-07-09_019_640

この名前は、エトルリアの美の女神である、

ターゲス」から由来しています。

 

このターゲテスには、「聖母マリアの黄金の花」

という意味が込められています。なぜそのような意味

込められているのかというと、

 

これは、古い時代にこの植物が、聖母マリアを称えるためのフラワーと

されていたことから、

そのような意味がつけられたんだそうです。

 

そしてのちに、この植物が「マリーゴールド」

呼ばれるようになったんです。

 

もともとは、聖母マリアの祭日に咲いていた

キンセンカに対する名前だったそうなんですが、

 

いつの間にか、メキシコ原産のこの花を指すようになったんですよ。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ