マリーゴールドの育て方は?プランターで育てよう!

MaryGold

マリーゴールドは、比較的簡単

育てられるフラワーであり、

長い期間咲き続けることができるため、

ガーデニングのフラワーとして人気がありますね。

kinsenka_01

今回は、枯れさせないためのポイントや、

花を大きくするためのポイントについて話していきます。


スポンサードリンク

それでは、マリーゴールドの育て方について、

まずは動画で見てみましょう(^^)/

これで大まかな育て方について、分かったと思います^^

では次に、 どうやって育てていくのかについて、

話していきますね(;’∀’)

 

マリーゴールドの育て方

 

[icon image=”point1-1-r”]種まきをしよう!

 

この花は、春に種をまいておくと、

夏から秋にかけて、

フラワー鑑賞を楽しむことができます(^-^)

 

この花の種まきの時期は、4月から8月ぐらいまでが最適ですが、

基本的に冬以外の季節なら、特に問題はありません^^

06-07-09_019_640

マリーゴールドの発芽適温は、24〜26℃あたりなので、

大きく美しい花を育てるつもりなら、春あたりにまいておくといいですね^^

この花は、発芽した後に太陽の光をたくさん浴びさせると、

しっかりとした株を育てることができるんですよ(‘Д’)

 

種のまき方については、こちらを参考にしてください(^^)/

 

[icon image=”point1-2-r”]たくさん咲かせよう! 

マリーゴールドの葉が10枚ほどの苗に生長したら、

一番上から1~2節くらいの所の芽先を切り落としましょう

 

そうすると、脇のほうから芽が出て来るので、

大きくて、形の良いフラワーにすることができます。

MaryGold

マリーゴールドは、種からやしたほうがの大きさが揃うため、

プランターや花鉢植えには、最適ですね(;’∀’)

ちなみに、もし種まきシーズン以外に

この花を育てるのであれば、

caf4623c

花の咲いていない茎を切って、土に挿しておくことで

簡単に根をつけることができるので、

わりと、どのシーズンでも育てることができます(^^)/

 

また、花壇の場合、すき間ができてしまったり、

苗が足りなくなったときに、 この方法で苗を作ると、

比較的楽に増やすことができますよ(;・∀・)

 

[icon image=”point1-3-r”]日当たりの良い場所で育てよう!
imagesCA5ZWVKV

マリーゴールドは、日当たりの悪い場所で育てると、

株が丈夫に育ちにくく、花つきが悪くなってしまいます。

 

だから、この花を育てるときは、

よく太陽の光に当てて育てるようにしましょう(^^)/

そうすることで、大きくきれいなフラワーをつけることができます。

 

そして、鉢植えやプランターで育てるときは、

風通しがよく、熱がたまらないように工夫しましょう。

 

マリーゴールドは、夏の初めあたりから

花を咲かせますが、秋になって涼しくなると、

よりいっそうフラワーを咲かせるようになります。

120713_mari

なぜ秋のほうが花を咲かせるのかというと、この花は、

夏の暑さの影響で一時的に、花の成長が止まることがあります。

 

しかし、暑さが落ち着いてくると、再び成長し始めるので、

水や肥料を意識して増やさなくても、大丈夫です(^^)/


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ