これで安心!会話を続けるための3つのポイントとは?

会話

 

「……」

あれ、急に会話が止まっちゃった…!

こんなこと、ありませんか?

 

普段からコミュニケーションを
多くしている人や、会話が上手な人は別ですが、

大抵の人はこのような状況、一度は
体験したことがあるんじゃないでしょうか(‘Д’)

 

今回は、そんなときのための、

「会話を続けるための3つのポイント

について話していきます(^^)/


スポンサードリンク

ポイント1…相手の話に合わせる!

 

ついつい会話に夢中になってしまうと、

「自分が喋りたいことばかりを話してる」

なんてことに、なってないでしょうか?

 

相手が興味を持つ内容であれば、
問題ないですが、

 

今自分の話したいことばかり話していると、
いつの間にか話す内容がなくなり、

会話が終わってしまいます…。

 

それに、一方的に話すのは、
会話とは言えないですよね^^

 

だから、まず最初に知っておきたいことは、

 

相手と共通する話題を見つける!

 

このことが、重要だったりします!

 

共通する話題を見つけることによって、
どんどんコミュニケーションが楽しくなっていくので、

 

気づいたら、自然と会話が続いているものです(^-^)

 

また、コミュニケーションは、
相手のことを知ることが、

より会話を続かせるためのポイントなので、

 

質問をしつつ、相手が何を思っているのかを聞き出す!

 

これができれば、

今どういったことを話せば盛り上がるかが、

わかってきますよ(^-^)

 

ポイント2…会話内容を掘り下げよう!

 

会話をしているときに、
昨日のテレビ番組の話題が上がったとします(゜_゜>)

 

「そういえば、昨日の〇〇っていう特集みた?」

 

「ああうん、見たよ、あれ面白かったよね。…(終わり)」

 

このように、
一言のコメントしかしないと、

この後別の話題を話すか、
沈黙するかになってしまします(‘Д’)

 

だから、会話を続かせるためには

「そういえば、昨日の〇〇っていう特集みた?」

 

「ああうん、見たよ、あれ〇〇の所が面白かったよね!」

 

「そうそう、あの〇〇を見て××って思ったんだけどさ~…」

と、このようにただ単にコメントだけでなく、

 

この場合なら、テレビについて

・何が面白かったのか
・何に興味を持ったか
・どんな風に感じているか

などを、ちょっと掘り下げてみるだけで、

 

会話を続けることは、

比較的簡単にできちゃいます!

 

このように、話の内容を深くすることで、

いつの間にか会話の話題がなくなってちゃった…(‘Д’)

なんてことには、もうなりませんね(^^)/

 


スポンサードリンク

 

ポイント3…相手が話さないときは?

 

相手の方が会話を続けるのが上手くない場合、、

こっちから何か話題を作っていく

ようにしましょう!

 

その際、相手のことを
うまく引き出すように話題を作っていくと、

 

相手もスムーズに話しやすくなり、

会話が続くようになります

 

例えば、何か映画を見た後だったとしたら、

 

「さっきの映画すごい迫力があって、楽しかったね!○○さんはどう感じた?」

とか

「映画の中で、魚を釣って食べてるシーンがあったけど、

○○さんは釣りしたことある?」

 

など、さり気なく相手が興味を
持ちそうな話題を作っていくことで、

 

会話が続かない!

 

という状況に、なりにくくなります(;’∀’)

 

ただ、ここで理解しておかなければいけないことは、

 

会話をする気のある人にだけアプローチをしていく

 

ということです。

 

当然ですよね(;’∀’)

 

相手が話したくないような雰囲気であれば、
わざわざ無理して会話をする必要はありません^^

 

中には、話しているより黙っていた方が、
気が楽な人もいますから( `ー´)ノ

 

まとめ

・相手が気持ちよく話せるように、話をあわせる☆

・会話は、どんどん掘り下げていく☆
・話したくない人もいるので、無理する必要はない☆


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ