初めての一人暮らし!プロパンガスの料金はどのくらい?節約術!

cc24b709

 

「うわ!なんでこんなに高いの!?」

 

一人暮らしを始めると気づく、
プロパンガスの料金の高さ


スポンサードリンク

 

実家で暮らしていた時は、そんなガスの
料金なんて気にする必要はなかったけど、

 

実際一人暮らしをしてみて、
プロパンガスの料金の高さに

驚いた人もいるでしょう(‘Д’)

 

そこで今回は、
そんなことにならないために、

一人暮らしで高いガス料金を抑えるための、

 

・プロパンガスの適正料金と
・ガス料金の節約の仕方

 

について話していきます(^^)/

プロパンガスの適正料金は、どのくらい?

 

プロパンガスの適正料金は、
各地域によって、若干違います。

 

また、契約しているガス会社によっても、
ガス料金は変わってきます。

 

ここで知っておかなければならないことは、

 

プロパンガスの適正料金です

 

適正料金を知らないでおくと、

 

もしかしたら、

ガス会社のいいように値段を
決められてしまう可能性があります…(‘Д’)

 

そして料金が確定した時に、
初めてその事実を知る、

なんてことは、
できれば避けたいですよね( `ー´)ノ

 

そこで、正しい料金を知っておくために、
これから各地域での適正価格について挙げますよ^^

 

<全国のプロパンガス適正料金>

【関東地方の料金】
・基本料金…1500~1800円
・従量単価(1m³あたり)…330~370円

【東海地方の料金】
・基本料金…1,500~1,800円
・従量単価(1m³あたり)…350~430円

【甲信越地方の料金】
・基本料金…1,500~1,800円
・従量単価(1m³あたり)…350~450円

【東北地方の料金】
・基本料金…1,500~1,800円
・従量単価(1m³あたり)…400~450円

【北海道地方の料金】
・基本料金…1,500~1,800円
・従量単価(1m³あたり)…480~520円

 

つまり、これより明らかに高い場合は、
余分に払っていると思ってもいいでしょう( `ー´)ノ

 

また、あなとの家のガス料金が高いかどうか、
診断してくれるサイトがあるので、

 

手っ取り早く状況を確認したいのであれば、
ここで診断してみるといいですよ(^^)/

ガス料金自動診断はこちら

 

もし、あなたの家のガス料金が、
適正料金よりも上回っているのであれば、

一度ガス会社に相談してみた方がいいです。

 

けれど、ガス料金が適正料金であるにもかかわらず、

 

ガス料金が高い(‘Д’)!

 

という状況であれば、

次の対策をすることによって、
ガス料金を減らすことができます!

 

 


スポンサードリンク

 

ガス料金を節約しよう!

setuyaku

もし、今のガス料金に不満があるなら、

これからガス料金を
節約するための工夫をしていきましょう(^^)/

 

ちょっとしたポイントを抑えるだけで、
ガス料金を減らすことはできます!

 

 

さて、適正料金の範囲である
にもかかわらず、ガス料金が高いのは、

それは、単純に
ガスの使いすぎが原因となりますね^^

 

ガス料金の多い人は、大抵
朝ブロと夜ブロの両方をします。

 

こうすると当然、
2回分のガス料金がかかるわけですから、

 

ガス料金は高くなります。

 

もし、一日一回だけ
済ませることができるのなら、

 

一か月のガス料金は、単純に

 

今の半分になる

 

ということですよね(;’∀’)

 

特に2回入る必要がなければ、

風呂は一日一回にすると、
料金がグッと抑えられますよ!

 

次に、ちょっとした
細かいところを意識することで

ガス料金を抑えることのできる方法

を紹介しますね(;’∀’)

 

1.湯を沸かしたいのであれば、電気ケトルを使う

お湯が必要な時に、
その都度毎回ガスでお湯を沸かしていたら、

ガス料金が高くなります。

なので、お湯が必要であれば、
電気で沸かせる「電気ケトル」を活用しましょう!

 

2.料理は電子レンジを中心に

料理をするのに、
大変役立つ電子レンジです。

これも電気である上、

ガスで温めるよりも圧倒的に早いです。

なので、料理をするときは、
電子レンジ」を多用しましょう!

 

3.風呂の湯を有効活用する

シャワーだけの場合は別として、

風呂を溜めているのであれば、

その湯で体を洗いましょう。

こういった所を毎日節約することによって、

一か月のガス料金を抑える

ことができます!

 

まとめ!

 

・ますは、ガス料金が適正料金であるかどうか確認する☆
・明らかに高いのであれば、ガス会社に相談する☆
・適正料金の範囲であるにもかかわらず
・ガス料金が高いと考えているのであれば
・ガス料金を節約するための工夫をする☆

 

このように、ちょっとした工夫をすることで、

ガス料金を抑えられる

ので、ぜひ試してみてください( `ー´)ノ

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ