伊勢神宮で参拝だ!これでOK、外宮と内宮を回る12の手順とは?

伊勢神宮イメージ1

 

「伊勢神宮って、どうやって参拝するんだ(‘Д’)?」
 

パワースポットを
目的に訪れようとする人や、
 

20年に1度の遷宮がされた
お伊勢さんに興味があってくる人も大勢いますが、
 

お正月の時期に一番多いのは、
やっぱり初詣としてくる参拝客ですね(^-^)
 

「人生に一度は、伊勢神宮に行ってみたかったんだ(´▽`)」

「伊勢神宮のお守りがほしい(*’▽’)!」

「伊勢神宮で絵馬を書きたい(`´)!」

 

そんなことを思って、いつ行こうか、
どうやって回ろうかと、色々考えたりすると思います^^
 

古くから言い伝えられている
参拝の順番というのは、
 

最初に外宮の豊受大御神に参拝し、
そして内宮の天照大御神を参拝するというものです。
 

しかし、現地に行く前に、予め巡回コースを
把握しておきたい方も多いと思うので、今回は
 

「これだけ押せえておけば良い!
伊勢神宮の外宮と内宮の回る順番!」
 

ということで、話していきますね(^^)/


スポンサードリンク

まずは外宮から!回る手順は?

 

1.表参道火除橋を渡って手水舎まで行く☆

6335434025_cff558a4d3

外宮に入っていくと、
最初に見えるのがこの橋です。
 

画像にもあるように、外宮の参拝する道は、
基本左側なので、ちゃんと守って進みましょう^^
 

左側に手水舎があるので、正しい
清め方をしてから、奥に進んでいきましょう(‘ω’)ノ
 

2.第一鳥居、第二鳥居とどんどん進んで行く☆

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第二鳥居をくぐった後からは、
いろいろ見どころ満載なので、
 

第一鳥居から第二鳥居までの間は、
たっぷりとお伊勢パワーを感じてみるのもいいですね^^
 

3.第二鳥居の向こうは御正宮が待っている☆

御所殿

第一鳥居をくぐった後、
数分後には御正宮につくでしょう(‘ω’)

そしてここに、ある神が宿っています…!
 

そう、冒頭で説明した、

豊受大御神さんです(‘ω’)ノ
 

ここで、豊受大御神がこの場所に
祀られた由来について、ちょっと話しますね^^
 

ある日天皇の夢に、天照大御神
現れてきて、次のように告げたそうです(‘Д’)
 

「毎日一人で食事をするのは寂しいからさ、
    丹波国にいる豊受さんをこっちに連れてきてよ( `ー´)ノ」
 

これを聞いた当時の天皇雄略は、
さっそく内宮に近い場所に、

この豊受さんを祀るようになりました^^
 

その祀られている場所というのが、
今の外宮にある御正宮ですね(*’▽’)
 

4.御正宮から多賀宮へ☆

41e8058223747abe333956e86ddfb844

御正宮から4~5分歩いていくと、
多賀宮まで到着します^^
 

多賀宮は、外宮の中でも
格式がある宮という扱いをされていて、

豊受大御神様の荒御霊が祀られています(‘ω’)
 

5.多賀宮のすぐそばに土宮があります☆

r

外宮の土地を守って
いると言われている、土宮です(‘ω’)ノ
 

この土宮には、遥か昔から
この伊勢神宮周辺を守っていると
言われている大土乃御祖神が祀られています。
 

そしてここから少しだけ歩くと、

風宮が見えてきます^^
 

6.風宮の向こうに待っているのは、神楽殿です☆

1416186_m

ここまで巡回して、
最後に待ち受けているのは、神楽殿です(‘ω’)
 

ここでは、

・御祈祷
・御札
・お守り
・絵馬

などの手配をしてくれます(‘ω’)ノ
 

伊勢神宮のお守りがほしい人は、
ぜひここで買っておくといいでしょう^^
 

ちなみに、初穂料は
5000円からとなっています。
 

ここの到着で、
外宮の参拝は終わりです(^^)/
 

後は、北御門の鳥居をくぐって、
北御門参道に出たら、次は内宮を参拝する時です!

外宮の全体地図はこちら☆
 

外宮の後は内宮回り!

 

外宮を巡回した後は、
宇治橋から内宮の巡回が始まります(^^)/
 

1.まずは宇治橋を渡ろう☆

1024-768

外宮では左側通行でしたが、
内宮は右側通行が原則となっているので、
 

ついさっきまで左側を歩いていた分、
意識して右側通行をするといいでしょう(‘ω’)ノ
 

宇治橋から5分ぐらい歩くと、
手水舎に着きます。
 

一応ここで清めてもいいんですが、
時間に余裕があるなら、

次に紹介する川で清めた方が
効果的です( `ー´)ノ
 

2.五十鈴川で手を清めよう☆

Mitarashiba of Naiku(Ise shrine)

手水舎が設置されていますが、

下に流れている五十鈴川で
手清めるのが、昔からの参拝方法だそうです(‘ω’)
 

「ちょっと寄り道してもいいかな~」
なんて思っているのであれば、

ぜひ川で手を清めちゃってください^^
 

手を清めた後は、次に
第二鳥居をくぐって御正宮です!
 

3.内宮に御正宮に祀られているのは…?

TS3E0014

第二鳥居をくぐった後、
数分程度で内宮の御正宮に着きます(‘ω’)
 

そして、内宮に祀られている神様は、
外宮の時にも登場した、天照大御神さんです(^^)/
 

外宮と内宮の御正宮を参拝することで、
初めて伊勢神宮に参拝しに来たって感じですかね( `ー´)ノ


スポンサードリンク

4.風日祈宮が近くにあります☆

100330-10

この宮には、外宮と同じ
神様が祀られています(‘ω’)
 

・級長津彦命
・級長戸辺命

という神様が存在していて、
主に風や暴雨などの災害から、

農作物を守ってくれる、神様たちです(‘ω’)ノ

 

この宮のすぐ近くに、
外宮と同じように神楽殿があります!
 

外宮と内宮で若干内容
が違うこともあるようなので、
 

立ち寄るのもいいかも(*’▽’)
 

5.パワースポット?四至神(みやのめぐりのかみ)☆

パワースポット

社殿を持たない神様だそうです(‘Д’)

手を差し伸べると、
ご利益があるそうなので、

ぜひ試してみてください^^

 

6.最後に来るのは参集殿☆

CIMG8514

伊勢神宮までやってはるばるやって来て、
外宮から始まり、そしてようやく内宮の巡回も終わった(^-^)

 

参集殿は、そんな歩き回った人が
休むための場所です(*’▽’)

 

ここでは、能楽や狂言が
行われるときもあるそうです。

参集殿で十分休んだら、
内宮のスタート地点だった

 

宇治橋が近くにあるので、
橋を渡って戻りましょう(^^)/

 

この流れで巡回することで、
一通り伊勢神宮を回ることができます^^

 

効率よく回って、
たくさんパワーを貰っちゃいましょう(*’▽’)


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ