座右の銘の四字熟語は?一覧を見てみよう!

座右の銘

 
「これが私の座右の銘なんです、て言うものありますか(o’ー’o)?」

 

座右の銘は、人生を有意義に生きていくための、

・要であったり
・信念であったり
・心の支えであったり

これは人によって、座右の銘の価値は
違ってくると思うんですよね。

 

それと、座右の銘の引用元も多用で、
古くから伝わることわざや、教訓を元に
したものもあれば、自分で作っている人もいます。

 

一見すると、些細なことから大きなことまで、
色々と選べる座右の銘ですが、この中で共通している
部分もいくつかあると思います(‘ω’)ノ

 

1つ挙げるとすれば、それは

自分がどうあるべきか、どうなりたいかというイメージの中での理想

を表すものにしていることが多い気がします。

 

そういった面で考えると、
もしかすると、すでにほとんどの人は、
座右の銘を持っているのかもしれません。

 

無意識のうちに。

 

ここまで人生を送ってきた中で、
現在の性格や行動、習慣を決めてきたのは、

あなたの内側にいる「座右の銘さん」
やってきたのかもしれません。

 

そんな、その人の生き様を
表すかのような座右の銘について、

 

今回は、一般的に知られている
四字熟語という限定されたものついて、

・信念
・努力
・感謝

を表している四字熟語を、
紹介していこうと思います(‘ω’)ノ


スポンサードリンク

1.座右の銘…信念編!不屈の心を持て

 

・外柔内剛(がいじゅうないごう)

外見は穏やかそうに見えるが、心の内側は強くて、
しっかりとした意志を持っていること。

・七転八起(しちてんはっき)

何度失敗してもあきらめず、
どんどん努力をして起き上がっていくこと。

・有言実行(ゆうげんじっこう)

言ったことは、何が何でもやって見せること。

・質実剛健(しつじつごうけん)

中身が充実していて、飾り気がなく、
心も体も強くたくましい様子。

・意志堅固(いしけんご)

何かに取り組む際の志が、強くしっかりとしていること。

 

信念や意志があるからこそ、勉強でも仕事でも
なんでも頑張ることができるんです(`´)

 

大きな夢を達成するには、まずは
それ相応の信念や意志を固めることが大切です(‘ω’)ノ

 

2.座右の銘…努力編!修行が人を強くさせる

 

・力戦奮闘(りきせんふんとう)

力ある限り、全力を尽くして努力を行うこと。

・臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

目的を達成するために、苦労や苦痛に耐え忍ぶこと。

・粉骨砕身(ふんこつさいしん)

骨を粉にして身を砕くような思いで、力の限り努力すること。

・日進月歩(にっしんげっぽ)

日に日に進化していき、そしてその勢いが、どんどん加速していくこと。

・蛍雪之功(けいせつのこう)

厳しい環境の中でも努力をつづけ、苦労をしながら勉強していくこと。

 

信念や意志があっても、
行動に移さなければ意味がありません。

 

努力して頑張って、そこではじめて
ゴールへと進んでいけることができます。

 

3.座右の銘…感謝編!

 

・報恩謝徳(ほうおんしゃとく)

受けた恩に対して、どうしても報いたくなるような、感謝の気持を持つこと。

・一宿一飯(いっしゅくいっぱん)

一晩泊めてもらったり、食事をご馳走になったりと、他人の世話になること。

・解衣推食(かいいすいしょく)

自分の物をあげたり、食べ物を人に与えたりするような、厚い恩恵を施すこと。

・慈烏反哺(じうはんぽ)

父母が老いてきた頃合いに、その子供が父母を養って恩を返すこと。

・恐悦至極(きょうえつしごく)

相手の手厚い好意に、大変喜び、感謝すること。

 

どんなに優れていようが、勉強していようが、
感謝する気持ちは大切です。

 

自分に対して、恩恵を与えてくれた周りの人に、
感謝の気持ちを伝えるんです(‘ω’)ノ

スポンサードリンク

終わりに☆

上記にあげたような四字熟語は、
ほんの一部にしか過ぎません(`´)

 

なので、これを機に、
他の座右の銘の四字熟語も覚えると、
良いかもしれませんね^^

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ