小学校入学の祝い金の相場は?甥や姪にもあげよう!

入学

 

「さて、入学祝い金はどうしたものかな(・.・;)?」

 

ひな祭りが終わったら、4月の新生活に向けて、
それぞれが一斉に動き出します(`´)

 

「そろそろ小学生になるね(^^)」
「ようやく中学生になるようだね(‘∀’)」
「もう高校生になるのかぁ…(´∀`)」

 

状況は違うけど、みんなそれぞれ、
新しい生活を始めることになります。

 

当人たちはもちろん、目の前の不安や
ドキドキを楽しんでいることだとは思いますが、

 

そうは言ってられないのが、
それを見守る大人達です(‘ω’)ノ

 

「入学するんだったら、何かお祝いものをあげないと…(・.・;)!」

 

一番最初に入学するのが、小学校です。

 

この頃は、まだどれくらいのお祝い金を
あげればいいのか、どんなお祝い品が最適か、
よく分らないと思うので、

 

今回は、そう思っている人のために、

・入学の祝い金の相場はどのくらい?甥や姪の場合は?
・お祝い品をあげるなら何がいい?

の2つについて話していきます^^


スポンサードリンク

1.小学校入学の祝い金の相場はどのくらい?

 

小学校に入学するときのお祝い金は、
どれくらいなのかを話していきます(`´)

 

まず最初に言うと、お祝い金と言うだけあって、
別に決まった額があるわけではありません^^

 

用は、お祝いの印としての、言わば
親せき関係を良好にするためのものなので、

 

何かしらを渡せさえすればいいんです(‘ω’)ノ

 

実際、それぞれの家庭によって、
取り巻いている状況が違うので、

 

裕福な環境なのであれば、それなりの額に
なるだろうと予想できますし、逆に

 

そうでない環境であれば、多少のお祝い金でも、
十分円滑にことを進められると思います(;’∀’)

 

しかし、そうは言っても、

「世間的な相場が知りたいんだよ、私は(`∀´)」

と、やはり世間体が気になる人も多いので、

 

お祝い金についての相場を、紹介しますね(‘ω’)

 

まず、お祝いの対象となるのは、
小学校入学、ということに関してです。

 

小学校程度であれば、正直言うと、
大したお金はかかりませんね。

 

ということになると、
2万~3万もあげる必要はなくなってきます(‘ω’)ノ

 

そうなると、限られた選択は2つ。

 

5千円か1万円(`∀´)

 

なぜ2択なのかと言うと、単純に、
この2つ以外に、キリのいい金額が無いからです(笑)

 

「入学おめでとう(^-^)!はい、お祝い金の、7500円だよ♪」

 

なんて、中途半端な額を渡されても、
もらう側としては、嬉しいのか迷惑なのか、
よく分りませんね( `ー´)ノ(笑)

 

しかし、かと言って、5千円というのも、
なんか流石に味気ないと思うので、

小学校入学程度であれば、1万円がベスト、ですね☆


スポンサードリンク

2.お祝い品をあげるなら何がいい?

 

「どうせなら、何か記念として残るものをあげたいなあ(´▽`)」

 

お祝い金はいいです、確かに。

 

お祝い金という名の現金なので、
もらう側としては、大変都合がいいです(`∀´)

 

そのまま子供に使ってあげるのもいいし、
入学お祝いということで、
食事に行ったりするのもいい( `ー´)

 

もしくは、そのままこっそり懐に入れてしまうのも…(笑)

 

しかし一方、お祝いの品というものは、
こちらで、予めあげたいものを準備できるので、

 

あげる側としては、好都合です^^

 

あげるときも直接、甥や姪に渡すことで、

「これは、あの時おじさん・おばさんから貰ったものだ(^^)」

と、思い出の品として残ることもあるし、

 

その子からの好感度・期待度が
アップするに、違いありません(`´)

 

甥・姪との仲を良くしたいのであれば、
ここはお祝い品をプレゼントしましょう( `ー´)ノ

 

贈るものとしては、だいたい

・ランドセル
・学習デスク
・文房具
・ノート
・洋服
・スポーツ用品
・おもちゃ

のようなものが挙げられますね^^;

 

また、その子の好きなものや、
趣味の傾向を知っているのであれば、
それに合わせて選ぶのもいいかもしれません(`´)

 

むしろ、その子がほしいものとマッチしているのであれば、
さらに満足しますし、子供が満足すれば、
親せき関係も良好になってくるはずですので、

 

あえて狙ってみるのもいいかもしれません(`∀´)

 

まとめ☆

・お祝い金を渡すのであれば、1万円が妥当
・プレゼントは思い出に残りやすいものにしよう

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ