急性胃腸炎かよ!下痢の期間は?食事と深い関係がある!

胃腸

 

「胃腸が…(゚Д゚)!下痢だよこれ、完璧に。なんてこった(´Д`)」

 

急性の胃腸炎にかかってしまうと、

いきなりおなかが痛くなって、

それはもう、大変です(‘Д’)

 

胃が痛いのに、とどめを刺すかのような下痢(`´)!

 

こんな状態、傍から見たら滑稽に思えますが、
当人からしたら、たまったもんじゃないです(`´)
 

その場で腹痛が治まれば、ラッキーですが、
現実は、刻々と体を蝕んでいきます(`´)!

 

胃腸炎の中でも、急性と言われるもの場合、
期間が他の胃腸炎より少々、
長いことで知られていますね(;’∀’)

 

もし、急性胃腸炎の特徴や原因が分らない(;´Д`)!

と言うのであれば、

急性胃腸炎の原因は意外なところにあった…!

も合わせて見るといいですよ(‘ω’)ノ

 

ということで、今回は、

・急性胃腸炎の下痢の期間はどのくらい?
・胃腸炎と食事は深い関係にあるとは?

の2つについて話していきます^^


スポンサードリンク

1.急性胃腸炎の下痢の期間はどのくらい?

 

さて、急性胃腸炎にかかった時に起こる下痢ですが、

期間としては、3日間で治まるパターンもあれば、
一週間ほどで、ようやく収まるケースもあります(`´)

 

これは、感染したウイルスの種類や、細菌の数、
そして体の免疫力の強さも関わってくるので、
なんとも言えませんが、

 

一般的には、大体3~4日程度となります(‘ω’)ノ

 

この期間中に、体の中では、ウイルスとの
激闘物語が繰り広げられているということですね(笑)

 

それでは、その始まりから終わりまで、
その流れを見ていきましょう^^

 

【感染した初日】
どこかは分らないけど、胃の辺りに不快感を覚えます(`´)

食中毒のような、小腸や大腸が痛むわけでもなく、

おなか全体が、ずっしりと、気だるい感じがする段階です。

 

【感染して2日目】
悪寒がしたり、気持ちが悪くなったりと、

風邪に近い症状が出始めてきます(`´)

しかし、まだそんなに激しい痛みがある

というわけでもないので、普通に生活ができる段階です。

 

【感染して3日目】
この辺りから、徐々にウイルスが本気を出し始めてきます。

おなかの痛みを意識しないで過ごすことは、

まず無理な状態になって行きます(゚_゚)

 

この段階で、やっと、

「ん?これはただの腹痛じゃないようだな(`∀´)?」

と気づく人が多いいです。

 

しかし、残念なことに、ウイルスはすでに体の中を
侵略してしまっているので、時すでに遅し…な段階です。

 

病院に診察に行くと、断食を勧められます(‘ω’)ノ
スポーツドリンクや、温かい飲み物等以外は、
摂取しない方が、治りが速くなるそうです。

 

ただし、普段しっかり食事を取っている人に
とっては、何も食べられない、という制限は、

あまりにも厳しいので、消化に優しい物を
食べる必要が出てきますね^^

【感染してから4日目】
この時期がたぶん、

最も辛いだろうと思われる時期です(;´Д`)

断食しているので、おなかは空いていますが、

 

腹痛は相変わらず続く…(‘_’)

 

病院などで、下痢止めや特効薬のようなものを
貰いますが、なにか劇的に治りが速くなる、
というものでもないので、

ただただ、辛抱あるのみです(`´)

 

【感染してから5日目】
この頃になって来ると、ほとんどの人は回復しています(^^)/

数日間にわたる、長いようで短かった、
ウイルスとの戦いに幕を閉じます。

 

この段階でも、まだ下痢をする人はいるようですが、
数日前とは、明らかに回数や痛みの程度が違っています。

 

【感染してから6日目】
6日も経つ頃には、胃の方も、もう大丈夫です^^

ただし、ウイルスの脅威から逃れたとはいえ、
戦いで使った体力が、まだ完全に戻ってきてないため、

普通の食事をしてしまうと、
おなかを痛めることになるので、注意しましょう。

 

【感染から一周間ほど経過】
これは、それぞれの体の戦闘力にもよりますが、
ほとんどの人は、このタイミングで治っている状態です(‘ω’)ノ

 

ただし、とは言っても、体の中には、
まだウイルスが潜んでいる状態です(‘Д’)

 

ウイルスが体の中に潜んでいても、すでに自分には
関係ないですが、厄介なことに、このウイルスは、

 

「はぁ~あ(´Д`)こいつは飽きたから、次は奴の友達の中にでも入るか(`∀´)」

 

と、インフルエンザ並ではないですが、
感染力の高いウイルスです( `ー´)ノ

 

だから、治った後に、油断していると、
周りの人に移してしまう可能性があります。

 

そのため、一番いいのは、人との接触を
避けることですが、周りへ被害が及ばないように、

手洗いうがい・マスク着用などを行い、
周囲への対策もしっかりとしましょうね^^;

 


スポンサードリンク

2.胃腸炎と食事は深い関係にあるとは?

 

急性胃腸炎と言うのは、
分っている通り、胃の炎症です( `ー´)ノ

 

だから、食べ物と言うのは、
胃腸炎と深く関係があるのです(`´)

 

食べ物が胃へ影響することと言うと、

【デメリット】

・胃の粘膜を荒らす可能性

・胃腸を刺激する恐れ

・消化に伴う胃の働き

【メリット】
・栄養をくれる
・ウイルスと闘う免疫力がつく
・治りかけの症状のケア

 
などがあります(‘ω’)ノ

 

そのため、急性胃腸炎にかかってしまったときは、

・食事をするタイミング
・食べるものの選別等

を行い、症状を悪化させない
工夫をする必要があります(`´)

 

脂っこいものや、消化に
悪そうな食べ物を食べてしまうと、

腹痛が、余計に悪化したり、
完治が遅くなったりします(‘Д’)

 

そんな険しい道のりを、あえて進む必要はありません。

胃腸炎にかかってしまったときは、

素直にスポーツドリンクを飲んでおきましょう^^;

 

⇒急性胃腸炎を治す方法☆

まとめ☆

・胃腸炎で下痢を伴う場合、3日~7日ほどにわたる
・症状が無くなっても、ウイルスは潜伏しているので、移さないようにする
・胃腸炎の症状が出ている時は、摂取する食事に気を付ける

 


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ