熱中症対策の食べ物は?服装にも気を付けよう!

熱中症対策 食べ物 服装

「暑さに強くなる食べ物ってあるの( ˘ω˘)?」
 

熱中症対策といえば、飲み物がメインですが、
食べ物も、忘れちゃいけません。
 

栄養不足が続くと、一気に熱中症に
やられることもありますからね。
 

だから予防に効く食べ物で、暑さに
負けない身体にしたいところです。
 

また、熱中症対策として、普段の
服装にも、注意しないといけませんね。
 

気楽にTシャツとサンダル、なんて
考えてると、ヒドイことに・・・
 

でも、正しい服装で、しっかりと
防げば、熱中症も怖くありません!


スポンサードリンク

そんなことで、今回は、
食べ物と服装の観点から、

  • 1.熱中症対策に効果的な食べ物は?
  • 2.熱中症予防に最適な服装とは?
  • の2つについて話していきます!
     

    1.熱中症対策に有効な食品は?

     

    熱中症予防に効くとされる食べ物は
    色々ありますが、大きくまとめると
     

    ①抗酸化作用がある食べ物
    ②疲労回復に効果がある食べ物
    ③水分・塩分補給に効く食べ物

     

    というふうに分けられます。
    では一つずつ、見ていきましょう。
     

    ①抗酸化作用がある食べ物

     

    抗酸化作用があるのは、
     

    • トマト
    • にんじん
    • モロヘイヤ
    • 伊勢エビ
    • モロヘイヤ
    • アーモンド
    • いわし
    • じゃがいも


    といった食べ物です。
     

    ちなみに抗酸化作用とは、身体に有害な
    活性酸素を増やさない働きのこと。
     

    さび付かないように、しっかり
    メンテナンスしておきたいですよね。
     

    特にトマトに含まれるβカロテンには、
    免疫細胞を活性化させる働きがある
    ので、予防には打ってつけです。
     

    他にも鉄やカリウムが豊富なので、
    取りすぎた塩分を調整してくれます。
     

    実際食べても、あの独特の酸っぱさに、
    まさに栄養が有る感じがしますよね。
     

    ②疲労回復に効果がある食べ物

     

    疲労回復に効果があるのは、

    • レモン
    • 豚肉
    • イチゴ
    • きな粉
    • チーズ
    • 大豆

    といった食べ物たちです。
     

    疲労回復といえば、
    ビタミンCクエン酸ですよね。
     

    そこでレモンは欠かせません。
    料理に使ってもいいですし、
     

    そのままかじったり、ジュースにして
    飲むのもアリだと思います。
     

    酸っぱいんですが、
    それが刺激になって食欲が出るので、
    夏バテ対策にもなりますね^^
     

    また、豚肉や大豆も、ビタミンB1が
    多く含まれているので、疲労回復には
    バツグンの効果があるといえます。
     

    ③水分・塩分補給に効く食べ物

     

    水分・塩分補給にいいのは、

    • スイカ
    • ひじき
    • インゲンマメ

    といった食べ物です。
     

    中でもスイカに含まれる糖分が、
    とても良い働きをしてくれるんです。
     

    スイカの糖分は、体内で
    素早くエネルギーに変換されるので、
    急速チャージできちゃうんですね。
     

    さらに塩分を少し加えると、市販の
    スポーツドリンク並の効果が!
     

    日本には、スイカに塩をかけて食べる
    風習がありますが、昔の人たちは、
    何となく分かってたんですね。
     

    もちろん普通に食べても良いんですが、
    スイカジュースにするのも、オススメ。
     

    暑い時期には水分だけでなく、
    失われた塩分なども、
    しっかり補給しておきましょう。


    スポンサードリンク

    2.熱中症予防に最適な服装とは?

     

    熱中症にならないように、普段の服装で
    気を付けたいことは、以外と多いです。
     

    とくに大事なポイントは、

    • 通気性・速乾性が良い
    • 吸水性・吸湿性が高い

    ということです。
     

    通気性が良ければ、内側に
    熱がこもらないので、
    熱中症になりにくくなります。
     

    また暑いといっても、温度だけでなく、
    湿度で暑いということも、ありますね。
     

    そこで吸水性・吸湿性が高いものなら
    ジメジメしなくて済むわけです。
     

    さらに、速乾性の良いものなら、
    汗がすぐに乾くので、ベストです。
     

    具体的には、絹(シルク)素材のもの
    パジャマでは、人気がありますよね。
     

    あとは、ダボダボして、ゆる~い感じ
    のステテコや甚平(じんべえ)でも、
    OKですヽ(・Д・)ノ
     

    そして、服の色も、選びましょう。

    一般的に、黒=吸収、白=反射
    と言われています。
     

    つまり、黒っぽい服を着ると暑くて、
    白に近いほど、涼しんですね。
     

    そこで、熱中症対策の服選びとして、
    服の色は、白や水色といった淡色系
    をオススメします。
     

    黒が好きな人は、少しガマンですね。
    とはいえ、熱中症を防ぐのが、第一。
     

    他にも注意が必要なことはあります。
    身体の体温調節には、首が大切
     

    試しに首を温めれば、全身ポカポカ、
    首を冷やせば、全身が涼しくなります。
     

    そこで襟(えり)なしTシャツを着ると、
    体温が上がってしまうんですね。
     

    だから、できれば襟付きの上着を使い、
    しっかり首を守りましょう。
     

    逆に、首を冷やせば涼しくなるので、
    ネッククーラーなどのアイテムが、
    とても役に立ちます。
     

    そして、最後にサンダルですが、
    実はこれは、よくないんですね。
     

    なぜかというと、サンダルは
    地面から受ける照り返しを、
    まともに受けてしまうからです。
     

    一見涼しそうなサンダルですが、
    熱中症対策の面からみると、
    使わない方が無難なようです。
     

    ちなみに、以前熱中症対策に効く
    お手軽な飲料水の作り方について記事

    にしているので、よかったら合わせて
    見ておくといいですヽ(・Д・)ノ

    【⇒熱中症対策です!飲料水をお手軽に手作りする方法とは?
     

    まとめ!

     

    熱中症対策は、飲み物だけではなく、
    食べ物にも、いろいろあるんですね。
     

    ジュースやスポーツドリンクばかりで
    お腹いっぱいになってしまうのは、
    ちょっと危険信号かもしれません。
     

    服装も、帽子や日傘は当り前なのに、
    細かいポイントは、なかなか
    気づかなかった方も多いはず。
     

    今年もかなり暑くなりそうなので、
    油断せずバッチリ対策しましょう!


    スポンサードリンク

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ