夏バテの原因と予防法とは?正しい対処法で解消しよう!

夏バテの原因 予防方法

 

「夏バテの原因って何なのさ( ´~`)?」
 

暑くなってくると、なにかと体力
落ちて、疲れやすくなります。
 

いったん夏バテ状態になってしまうと
だるさが抜けずに不調が続くので、
なるべく早く解消した方がいいです。


スポンサードリンク

実際、夏バテになった人は分かると
思いますが、食欲がなくなったり、
やる気がなくなったりします。
 

いつも元気に頑張っていた人が急に
体調を崩したときは、夏バテ状態に
なっているかもしれません!
 

夏バテになった人もなっていない人も
原因と解消法を知っておくだけでも
違うので、覚えておくといいです^^
 

そんなわけで今回は、

  • 1.自律神経が乱れると夏バテになる!
  • 2.水分不足に気を付けて夏バテ対策しよう!
  • 3.胃腸の働きが悪くなると夏バテになるの?
  • の3つについて話していきます!
     

    1.自律神経の乱れが夏バテを引き起こす!

     

    夏になると、冷房やクーラーを使う
    ことが、多くなると思います。
     

    自宅で使う人が増えるのはもちろん、
    施設や建物なら、どこでも冷房は
    かかっているといえる季節です。
     

    しかし、暑ければ暑いほど、建物の中と
    外の気温差が大きくなるので、
    すぐに自律神経が乱れてしまいます!
     

    なぜ乱れるかというと、急激な温度の
    変化で身体がびっくりして、体温調節
    機能がうまく働かなくなるからです。
     

     

    例えば、プールや海に入る前には、
    必ず準備運動をしますよね^^
     

    それは、いきなり水に入って身体が
    驚かないようにするためです。
     

    同じように、暑い場所から涼しい場所に
    移るときは準備運動が必要なんです。
     

    でも実際は、高温のところから低温の
    ところに、いきなり入ってしまいます。
     

    すると、自律神経に乱れが起きて
    体調を崩しやすくなり、夏バテの
    症状が出てくるというわけです。
     

    「クーラーを使いすぎると自律神経が乱れます!」
     

    だから、冷房を使うときは設定温度
    下げすぎずに注意して、なるべく身体を
    冷やさないよう気を付けるといいです。
     

    もし、自分で温度を変えられない環境の
    場合は、上着を持参したり、工夫して
    体温調節することが大切になります。


    スポンサードリンク

    2.水分不足に注意して夏バテ対策しよう!

     

    夏はとにかく汗をかくので、
    体内が水分不足になりがちです。
     

    そこで適切な水分補給をしないと、
    だるくなったり気力がなくなり、
    夏バテになってしまいます!
     

    実際、仕事に集中していたりスポーツに
    熱中していると、のどが渇いたことに
    気付かないことがあるかもしれません。
     

    でも、その状態が続くと、脱水症状を
    起こしたり、頭痛や吐き気といった
    熱中症になってしまうこともあります。
     

    夏バテが悪化して熱中症にならない
    ようにするためにも、
     

    「コマメな水分補給が大切です!」
     

    特に、ただ水やお茶を飲むよりも適度な
    塩分が入った飲み物の方がいいです。
     

    オススメの飲み物は、糖分と塩分が
    ほどよく入っている経口補水液です。
     

    スポーツドリンクのように糖分がなく、
    手作りできるところが便利です。
     

    さっそく手作りして、普段の水分補給に
    使ってみるといいかもしれません^^
     

    3.胃腸の働きが悪いと夏バテになる!

     

    夏バテで食欲がほとんどないという
    人も、けっこう多いと思います。
     

    いったん食べなくなると、その後も
    ぜんぜん食べ物を補給しなくなるので
    さらに体力が落ちてしまいます。
     

    なぜ食欲がなくなるのかというと、
    胃腸の働きが悪くなるからです。
     

    例えば、おなかがいっぱいになると
    脳の働きが悪くなりますよね。
     

    これは、胃に血液が集中するからだ
    ということは、よく聞くと思います^^
     

     

    それとは逆に、胃の血液が少なくなる
    と、胃の働きが悪くなるわけです。
     

    特に夏は暑いので、体内の水分や塩分が
    減って、胃腸の血の流れが停滞します。
     

    そうなると、胃腸の活動が鈍くなり、
    おなかが減らなくなってきます。
     

    つまりどういうことかというと、
    あまりの暑さでバテてしまって、
     

    「胃腸がお休みモードに入ってしまうんです!」
     

    当たり前ですが、胃腸がバテたら
    その人もバテてしまいます。
     

    だから、胃腸の働きが悪くなることも
    夏バテの原因といえるわけです。
     

    実際、食欲がないときは本当に何も
    食べたくなくなるので、必要な栄養が
    まったくチャージできなくなります。
     

    そこで、どうやって食欲を復活させるか
    が、夏バテを解消できるかどうかの
    分かれ目になってくるんです。
     

    ということで、食欲改善法
    お伝えしたいんですが、その前に
     

    「せっかく食欲がないんだから、ダイエットできないの(・へ・)?」
     

    という疑問がある人もいると思うので、
    少し説明しておきますね^^
     

    夏バテダイエットは有り?無し?

     

    たまに夏バテで食欲がないからといって
    ダイエットで痩せるのにちょうどいい
    と考える人を、見かけます。
     

    一見よさそうに思えますが、
    夏バテのときは、いいとは言えません。
     

    すでに夏バテで体力が落ちている上に
    栄養も不足するので、どんどん身体が
    弱くなり、病気にもかかります。
     

    やはり、ある程度の体力が復活してから
    にした方が、無理がなくて安全です。
     

    もしどうしてもダイエットしたい人は、
    身体に負担をかけずに痩せられる
    酵素ダイエットがオススメです^^

    【⇒酵素ダイエットとは?オススメドリンクはこちら!
     

    食欲改善には辛いもの・酸っぱいものが効く!

     

    ダイエットをする人もしない人も、
    なくなった食欲をいつまでも放置
    していると、夏バテは治りません。
     

    減退した食欲を改善するために、
    しっかり対策することが必要です。
     

    そこで対処法としては、食欲アップ
    食べ物を食べることが有効です。
     

    どんなものを食べればいいのかというと、
    辛いもの・酸っぱいもの
    がオススメになります!
     

    具体的な食品としては、キムチや
    レモンなどを食べると良いです。
     

    こういった食べ物は味覚を刺激して
    くれるので、食欲を復活させるのに
    とても効果があるといえます^^
     

    まとめ!

     

    夏バテになる原因は、気温の急激な
    変化や、水分不足がほとんどです。
     

    クーラーを浴びすぎないように注意して
    体調を整えることが必要になります。
     

    また、食欲がないからといって何も
    食べないと、体力が落ちるばかりです。
     

    食欲アップの食品を食べて、少しでも
    栄養を取ることが大切になります^^
     

    せっかく夏バテを解消できても、また
    体力が落ちることもあるので、常に
    予防対策しておくとといいです。
     

    しっかりスタミナをつけて、夏バテに
    負けない夏を過ごしましょう!


    スポンサードリンク

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ