食品添加物が危険な理由とは?添加物の名前も知っておこう!

食品添加物の危険

 

「食品添加物って、どれくらい危険なの₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾?」
 

食品添加物の害についてはテレビや
ネットなどでよく言われています。
 

いつも何気なく食べているお菓子が
実は危険かもしれません!
 

実際、コンビニなどで売っている
食品のほとんどに、食品添加物が
入っています。
 

知らず知らずのうちに口にして、
ある日突然病気になるということも、
ないとは言えないのです!
 

具体的にどれくらい危険
なのか知っておけば、安全で健康な
生活を送ることができます^^


スポンサードリンク

そんなわけで今回は、

  • 1.食品添加物の危険性を知っておこう!
  • 2.特に注意しないといけない食品添加物は?
  • の2つについて話していきます!
     

    1.食品添加物の危険性を知ろう!

     

    食品添加物の危険性はいろいろ言われて
    いますが、何が危険なのかというと
     

    「人体に害があるからなんです!」
     

    中には害のないという人もいますが
    統計的なデータも出ているので、
    甘く見ないほうがいいです。
     

    というわけで、食品添加物にはどんな
    害があるのか、見ていきましょう。
     

    添加物で味覚がおかしくなる!

     

    食品添加物を食べ続けると具体的に
    どんながあるかというと、
     

    「食品添加物ばかり食べていると、味覚がおかしくなります!」

     

    例えば、コンビニやスーパーで売られて
    いるお菓子は、やたらと味が濃いものが
    多いと思います。
     

    実際に商品の表示を見てみると、
    たくさん添加物が入っているはずです。
     

    味付けもスパイシーで、ついつい
    つまんでしまいますよね^^
     

    食品添加物が気になっていても、
    買ってしまうことが多いと思います。
     

    しかし、添加物だらけの食品ばかり
    食べると、味覚がおかしくなるんです。
     

    現に、無添加の食べ物を食べてみると、
    いつもより異常に薄く感じます。
     

    食品添加物は味を極端に濃くするので
    味覚を狂わせてしまうのです。
     

    添加物で発ガンのリスクが高まる!

     

    食品添加物のもうひとつの害は、
    発ガンの危険性が高くなることです。
     

    基本的に添加物は、短期間ではそれほど
    害がありませんが、長い間食べ続けると
    大きな害につながります。
     

    だから、たまに食べるくらいなら、
    実は大丈夫なんです。
     

    とはいえ長期間で取り続けた場合は、
    発ガンのリスクが高くなることは、
    数々の実験からも分かっています。
     

    例えば、暑いお風呂に入るとき、最初は
    熱くてなかなか入れませんよね。
     

    でも、少しづつ時間をかけて入ると
    いつの間にか、熱さに慣れています。
     

    これと同じで食品添加物も、最初の頃は
    違和感があっても、ずっと食べている
    うちに慣れてしまうのです。
     

     

    そして、身体の内側では発ガン性物質が
    どんどん蓄積されていき、ある日突然
    ガンになってしまいます。
     

    だから、いつも添加物だらけの食べ物
    ばかり食べている人は、要注意です!
     

    そんな危険な食品添加物ですが、具体的に
    どんな物質が危ないのか、特にリスクの高い
    ものを、伝えていきます^^


    スポンサードリンク

    2.特に危険な食品添加物は?

     

    食品添加物といっても、すべてのが危険
    というわけでもありません。
     

    それほど危険だったら、多くの人が
    病気になったり、そもそも中止されて
    いるはずです。
     

    実際、普段食べるもののほとんどに
    添加物が含まれています。
     

    その中で、完全に添加物を抜くとなると、
    食べるものがなくなるのが現実です。
     

    そこで、添加物の中でも特に危険性が
    高いと言われるものを紹介します。
     

    特に危険な食品添加物は、

    • 亜硝酸ナトリウム
    • 黄色4号
    • 安息香酸ナトリウム
    • カゼイン

    といったものです。
     

    名前ぐらいは、どこかで見たことがある
    添加物だと思います。
     

     

    亜硝酸ナトリウムはハムなどの肉類に
    多く含まれていて、発ガン性を高める
    と言われている添加物です。
     

    実際ハムやソーセージといった肉類は
    安くて手軽に手に入り、味もそれなりに
    おいしいので、買ってしまいます。
     

    スーパーでも普通に売られているので、
    よく手に取る人も多いはずです^^
     

    でも、おいしいとはいえ添加物は危険
    なので、気をつけたほうがいいです。
     

    また、黄色4号は数の子や、たくわんに
    入っていることがあり、ぜんそくなどの
    アレルギーを引き起こします。
     

    漬け物やつまみに買うことが多いですが
    成分には、注意が必要です。
     

    他にも、○色何号という添加物は、
    カラフルなチョコレートにも使われ
    ることが、けっこうあります。
     

    小さくて食べやすいので、おやつに
    ぴったりですが、添加物入りです。
     

    たまに食べるならいいですが、
     

    「添加物入り食品をいつも食べるのは、危険です!」
     

    おやつ感覚やおつまみ感覚で食べると、
    一気に添加物がたまってしまいます。
     

    また安息香酸ナトリウムは清涼飲料水や
    栄養ドリンクに入っていることがあり、
    じんましんなどが起きたりします。
     

    特に栄養ドリンクをよく飲むという人
    は、かなり注意しないといけません。
     

     

    そして、暑い時期に食べることが多い
    アイスクリームや、ゼリーに含まれる
    カゼインも、危険な添加物です。
     

    アレルギー反応を引き起こしたり、
    大腸ガンや白血病などの心配も
    あると言われています。
     

    夏といえばアイスが美味しい季節
    なので、よく食べますよね^^
     

    アイスの食べ過ぎでおなかが痛く
    なることも、あると思います。
     

    でも、成分を見て、添加物には
    気をつけたほうがいいです。
     

    まとめ

     

    食品添加物は、長期間とりつづけると
    危険なものが多いです。
     

    たまに食べるくらいなら問題ありません
    が、いつも食べる人は回数を減らしたり
    した方が安全になります^^
     

    実際、添加物のおかげで便利になった面
    もあるので、全部悪いというわけでも
    ないのが、現状だと思います。
     

    でも、少しでも危険は避けたいので
    食品添加物だらけにせず、なるべく
    天然の物を食べることが大切です。
     

    ちゃんと食品を選んで、健康
    身体を作っていきましょう(o’ー’o)!


    スポンサードリンク

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ