自己肯定感が低い理由を知ろう!原因は子供時代にあった?

自己肯定感

 

「自己肯定感が低い理由ってなに(・へ・)?」
 

自己肯定感が低いと、自分に自信が
持てず、自己嫌悪に陥ってしまいます。
 

なぜ自分はこんなにダメなのかと思う
前に、自己肯定感が低くなってしまう
原因を、探ってみることが大切です。
 

自分のせいだと思っていたら、かなり
重症かもしれません。
 

でも、自己肯定感が低いのは自分の
せいではないので、大丈夫ですよ^^
 

ちゃんと理由が分かれば、自分を責める
ことも、少なくなってきます。


スポンサードリンク

自己肯定感の原因が自分以外にあると
分かれば、かなり楽になります。
 

自分を責めなくなると次への道も
見えてくるので、どんどん状況が
良くなっていくのです^^
 

そのためにも、自己肯定感について
よく知っておくことが大切になります。
 

そんなわけで今回は、

  • 1.自己肯定感とは?自分の感覚を確認してみよう!
  • 2.自己肯定感が低い理由は?親からの影響が大きかった!
  • の2つについて話していきます!
     

    1.自己肯定感とは?自分の感覚をみてみよう!

     

    自己肯定感とは自分で自分を認めている
    感覚のことを表します。
     

    この自己肯定感が低いと、自信が持てない
    ことが多くなってくるんです。
     

    それだけでなく、自分を過剰に責めたり、
    追い込んでしまうことになります。
     

    つまりどういうことかというと、
     

    「自己肯定感が低いと、うつ病や精神病にかかりやすくなってしまう!」
     

    ということになります。
     

    なにしろ自分で自分を認められないから、
    気持ちが窮屈になってしまうわけです。
     

    逆の場合を考えてみると、けっこう
    わかりやすいと思います。
     

    例えば、自己肯定感が高い場合、
     

    「自分は今のままで大丈夫。不完全な自分を受け入れているし、幸せだなぁ(*´∀`*)」
     

    といった感じになることがありますが
    こういう時は心は病みません。
     

    どこかで自分を否定しているから、
    自己肯定感が低下してしまうんです。
     

    では、どうして自己肯定感が低いのか
    その原因を知ることが大切になります。
     

    ということで、次は、自己肯定感が低い
    理由について、見ていきましょう^^


    スポンサードリンク

    2.自己肯定感が低い理由は?親からの影響が大きい!

     

    なぜ自己肯定感が低いかというと
    親からの影響が大きいからと言えます。
     

    特に子供の時に言われた言葉が後にまで
    響いてくるということが多いです。
     

    子供のうちは、何かというと親が頼りで
    親から言われたことが割とダイレクトに
    自分の中に入ってきます。
     

    そのとき、励ましたり元気づけるような
    言葉をたくさん聞いていると、大人に
    なってからも自己肯定感は高いです。
     

    ところが、否定するような言葉ばかり
    言われて育つと、大人になったときに
    自己肯定感は低くなります。
     

    自己肯定感が低くなる言葉には
    どんなものがあるかというと、

    • 「お前はダメなやつだ」
    • 「~したらダメ」
    • 「うちの子~だから・・・」

    といったものが考えられます。
    心当たりがある人もいるはずです。
     

    こういった感じで、親から否定されるのが
    当たり前の環境で育つと、自分を責めたり
    否定しがちになってしまうわけです。
     

    つまり自己肯定感が低い原因は、
     

    「子供の頃あまり親に肯定されていなかった経験が多い(゜д゜)」
     

    ということが、主な理由と言えます。
     

    もし親に肯定されなくても、先生や友達
    といった相手から強く肯定されていれば
    それほど重症にはなりません。
     

    仲間たちから頼られたり大切にされて
    いれば、それが支えになるんです。
     

    とはいえ、親から肯定されていない場合の
    多くのパターンとしては、
     

    「自分はどうせダメなやつだ、自分はダメだから肯定される権利なんてないんだ」
     

    という思い込みが強くなって、他の人
    からも否定されるべきと思い、自分を
    追い込んでしまいがちです。
     

    だから、なかなか他の人間関係でも
    うまくいかないことが多くなります。
     

    これが、大人になってからも、
    自己肯定感が低い理由なのです。
     

    まとめ!

     

    自己肯定感が低いと、とにかく自信も
    なくなり、自分を責めてしまいます。
     

    でも、それは自分のせいではなく修正も
    できるので落ち込む必要はないです^^
     

    「今まで自分のせいだと思ってたけど、違ったんだ。ホッとした(*´∀`*)」
     

    というふうになれば、一歩前進できる
    ので、けっこう軽くなりますよ。
     

    まずは親の影響が大きいと知って、
    再スタートすることが大切になります。


    スポンサードリンク

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ