スプレー缶の捨て方!ガス抜きと正しい処分法とは?

スプレー缶

 

「スプレー缶の処分はどうすればいいんだい(´∀`)?」
 

スプレー缶の処分というのは、かなり
面倒くさい人も多いと思います。
 

下手に捨てると、地域の規則に違反
したりする可能性もあります。
 

うっかり中身が残ったまま捨てて、
 

「爆発とかしたら大変だから心配なんだけど(´・ω・`)」
 

というふうに、不安になってなかなか
勇気が出ないまま次の日になって
しまうパターンにハマりかねません。
 

かといって、いつまでもスプレー缶を
取っておくわけにもいかないです。
 

いかに自分にも周りにも安全な方法で
捨てるかが大切になります。


スポンサードリンク

思わぬ事故を起こさないためにも
正しい処分法を覚えておくべきです。
 

そんなわけで今回は、

  • 1.スプレー缶の正しいガス抜き法とは?
  • 2.捨て方の決まりがあるの?きちんと処分しよう!
  • の2つについて話していきます!
     

    1.スプレー缶の正しいガス抜き法とは?

     

    スプレー缶に残ったガスを使い切るのは
    環境によってできないことがあります。
     

    ベランダやバルコニーで空にしようと
    しても、近所に迷惑がかかる心配も
    あって、なかなかできません。
     

    そこで、スプレー缶の処分法

    • スプレーを雑巾に吸わせる
    • スプレー缶に穴を開けて、液を出し切る

    という方法が有効になります。
     

    それぞれの方法を、
    順番に見ていきましょう^^
     

    スプレーを雑巾に吸わせてしまう!

     

    外でスプレーを使い切れないときは、
    雑巾に吸わせる方法がおすすめです。
     

    まず、要らないビニール袋を用意して
    その中に雑巾を入れておきます。
     

    そして、その雑巾にくっつけた状態で
    スプレーを使い続けるわけです。
     

    そのまま使い切って空になったら、
    それぞれ分別して捨てます。
     

    全部スプレーしても、
     

    「多分出し切ったと思うけど、まだ残ってないか不安かも(´・ω・`)」
     

    というふうに心配になる人も、
    いるかもしれませんね。
     

    空になったかどうかの判断は、
    押しても中身が出なくなったら、
    空だと思って大丈夫です。
     

    あと、中身は空っぽですが念の為に
    穴を開けておくと安心です。
     

    スプレー缶に穴を開けて液を出し切る!

     

    もう一つの方法としては、スプレー缶に
    穴を開けて液を出す方法があります。
     

    この方法は、上で説明した方法よりも
    少し勇気がいると思います。
     

    なぜかというと、いきなり穴を開けると
     

    「スプレーから一気に中身のガスが吹き出してたよ!あわわ(~o~)」
     

    というふうになってしまうからです。
     

    慣れれば平気になってきますが、最初は
    注意した方がいいかもしれません。
     

    やり方は、ビニール袋の中に缶を入れて
    道具で穴を開けるだけです。
     

    特に中身が多く入っている場合は、
    充分に気をつけてください^^
     

    そして、中身の液体を全部出しきったら
    分別して捨てれば大丈夫です。
     

    捨てる時には、液体がもれないように
    注意して捨てましょう!


    スポンサードリンク

    2.捨て方の決まりがあるの?地域の処分法を確認しよう!

     

    スプレー缶の捨て方は、地域や自治体に
    よって、前もって決められています。
     

    ちゃんと決まりを守らずに、
    いい加減に捨ててしまうと…
     

    自治体からクレームがきて面倒な事態になります!
     

    だから、自分の住んでいる地域の
    ルールは、守った方が無難です。
     

    ただのスプレー缶と軽く見ないことが
    トラブルを防ぐために大事になります。
     

    また、住んでいるマンションなどに
    よっても、違いがあったりするんです。
     

    例えば、スプレー缶だけを専用の置き場
    に集めて回収するところもあります。
     

    もし、スプレー缶の処分の決まりが
    わからない場合は、確認が必要です。
     

    たいてい「~市ご案内」という感じの
    冊子を見れば分かると思います。
     

    地域によっては、危険物として分別
    されているところもあるので、
    細かいところもチェックですよ。
     

    まとめ!

     

    スプレー缶は、とにかく処分に困るので
    けっこう厄介に感じますよね。
     

    うっかり処分してしまうと、
     

    爆発して、大変なことになっってしまうかもしれません!
     

    だから、決まりを守って正しい処分法
    で、しっかり捨てることが大切です。
     

    スプレー缶を上手に処分して、
    安全な日々を過ごしましょう!


    スポンサードリンク

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ