インフルエンザ予防接種2014年の次期はいつから?子供の料金や内容について!

インフルエンザ予防接種2014年の次期はいつから?子供の料金や内容について!

 

「インフルエンザ…出来ればかかりたく無いですよね(∩´﹏`∩)?」
 

段々と寒くなって来て私もつい最近
風邪をひいたばかりなんです(-_-)
 

風邪ならまだしもインフルエンザとなると
高熱や合併症など命に関わる場合もあります。
 

また、学校内や高齢者施設での流行も
怖いですよね。子供やお年寄りなどは
重症化しやすいので特に注意が必要です!
 

自分なりに予防していても家族や近くに感染
者がいたりすると中々防ぎ様が無いのかも知 
れません。
 

やはり予め予防接種をうけるなどしておい
た方が安心出来ますね(^○^)
 

しかしどの次期にワクチン接種を受けるのが 
最適なのか、値段はどの位なのかどんな注射を
するか分からない事だらけで不安ですよね。
 

今回は、インフルエンザ予防接種について
一緒に考えてみましょう!


スポンサードリンク

1.インフルエンザとはどんな病気なの?

まずは、インフルエンザとはどんな
病気か簡単にお話していきます。
 

インフルエンザとは、ウィルスによって起こる
ウィルス性呼吸器感染症です。
 

世界中で全年齢にみられ
最もかかりやすい重要な病気とされています。
 

感染してウィルスが体内に入ってから、
2日から3日程で発症し、潜伏期間は
10日間に及ぶ
と言われています。
 

幼児などに関しては、免疫力が低い為、
2週間ほど潜伏する場合もあります。
 

主な症状としては、

・高熱や関節の痛み、倦怠感
・普通の風邪にみられる様な咳や鼻水
・のどの痛み

などもあります。
 

合併症による肺炎や幼児などは脳炎を発症す
る危険性もありとても怖い病気だと言う事が
わかりますね。


スポンサードリンク

2.インフルエンザの予防接種に行くタイミングとは?

日本では冬季に毎年のように流行し、
12月下旬から徐々に増えていき、
1月から3月にピークを迎えます。
 

飛沫感染や空気感染などでの拡散も流行しや
すい原因では無いかと考られています。 
 

インフルエンザの予防接種の効果は、
ワクチン接種からおよそ2週間程度を要し
効果は3カ月程持続します。
 

2014年の予防接種の時期は流行する前の
11月下旬から12月上旬の間には受けてお
いた方が良さそうですね(^○^)
 

予防接種の費用はと言うと、
予防接種は病気に対する治療では
無い為、健康保険が適用されません。
 

しかし平均は、1回
3000円前後から6000円位で受けられます。
 

また市町村によっては予防接種費用を負担し
てくれる所もあるので調べて見ると良いかと
思います。
 

65歳以上の高齢者や60~64歳で心臓や
肝臓、呼吸器の機能に障害のある方や日常生活 
に困難をきたす方にも多くの自治体で助成が
あります。
  

また1度の予防接種より2度の予防接種を受 
けた方がより高い効果
が得られるそうです。
 

2回受ける時は1度目の接種から1~3週間 
の間隔をあけて2度目の接種
をおこなってく
ださい。
 

また2回受ける場合の次期については11月
上旬に1度目を済ませおくと良いかと思いま  
す。
 

予防接種をしたからと言って、
絶対にインフルエンザにかからないと
いうものでは無く、
 

感染させにくくする効果と、かかっても
重症にならないようにするためのものだと
考えておく事も必要かもしれませんね(^O^)
 

インフルエンザ予防接種まとめ☆

ここまでインフルエンザについて色々とお話
ししてきましたがいかがだったでしょうか?
 

今年も冬季にインフルエンザが流行するので
しょうか?
 

予防接種はもちろんうけてはおきたいともい
ますが、やはり普段からの生活の中でも注意し  
て行けたらと思います。    
 

栄養のある食事を心がけ、
休養を十分に取り体力をつける事も大切です!
 

またウィルスは乾燥していると長時間空気中 
に漂っているので加湿器などで湿度を保つの
も効果的
ですね。
 

あとは、手洗いにうがいにマスクなど
基本的な所からかからないように注意
をし、

インフルエンザに負けないように
備えていきましょう(・`ω・ノ)ノ!

 

PS
インフルエンザ2015年の症状については、こちらです!
【⇒インフルエンザ2015年の症状・傾向について!3タイプに分かれる?


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ