足の臭いをとる方法とは?ミョウバンが効果的です!

足の臭いをとる方法とは?ミョウバンが効果的です!

 

女性も男性も困るのが、足の臭い。
 

職場や学校によっては、
玄関で靴を履き替える場合が
ありますよね?
 

恐ろしいことに、足元からプーン…。
だなんてもう最悪。
 

自分でさえ気付くのですから、
周りの人にもバレてるのでは(><;)
 

なんて、とっても焦ります;
特に女性は、ストッキングやタイツを
着用しますから、凄く気を使いますよね。
 

ただ困ったことに、制汗スプレーを
足裏に吹き付けたり、石鹸でゴシゴシ
洗ったとしても、効果はその場限り。
 

一体どうすれば、臭いとおさらばできるの!?
 

そこで今回は、抗筋力で臭いを取り除く
ミョウバンのパワーについてまとめます。


スポンサードリンク

1.足が臭くなる理由とは?

足の臭いの原因は、足裏の汗を好む
バクテリアや雑菌だって知っていましたか?
 

人間誰しもが汗をかきますが、
バクテリアや雑菌はこの中に含まれる
角質をエサにしつつ、増えていくんです。
 

足の臭いは、バクテリアが汗を食べ、
分解している証拠。
 

単に汗っかきだから臭いのではないんですね!
どおりで、制汗スプレーが
効かなかったワケ。
 

臭いを消したいのなら、このバクテリアを
殺菌するか、減らす工夫を
考えなければいけないのです。
 

また、靴には知らないうちにカビ菌
ついていたり、表皮ブドウ菌の影響もあって、
これも臭いを発生させる元になっています。
 

2.ミョウバンの効果とは?

ミョウバンを水に溶かすと、
酸性になる性質から殺菌効果を持ちます。
 

また、汗のにおいを取り除くだけではなく
石鹸のようなスベスベ肌にしてくてくれる
作用もあるとのこと!使わなきゃ損ですよね。
 

【ミョウバン水の効果】

①足の臭いの消臭(スプレー)
②水虫・ニキビの予防(足浴・洗顔)
③カビ対策(ブラッシング)
④洗濯物の消臭(すすぎ)
⑤調理器具のコゲ落とし

 

口に入れない限りは、無害なミョウバン水。
消臭用で肌に直接付ける場合は、
必ずパッチテストを行うことを忘れないようにしましょう。
 

また、アルミの鍋に使うと変色してしまいますから
コゲ落としの際にも、注意が必要です。
 

全身をキレイにしたい!

臭いだけでなく、アトピー性皮膚炎にも
効果のあるミョウバンは、
入浴剤としても使えます。
 

希釈した液を50CC程浴槽に入れるだけでOK。
 

入浴後も、すぐにお湯を抜かずに
そのままお湯を入れておくことで、
浴槽の汚れも取り除いてくれますよ。
 

入浴剤もそうですが、入った後にヌルヌル感が嫌で、
シャワーで落としてしまう人がいますよね。
 

しかしそれでは、せっかくの効果が台無し!
ミョウバン水のお風呂に浸った後は、
コーティングしたままで長持ちさせましょう。
(肌に異常が起きた場合は洗い流して下さい)
 

3.ミョウバン水の作り方

ミョウバン水は、スーパーや
ドラッグストアなどで手に入る材料で
作ることの出来る万能水。
 

ペットボトル1本分をストックしておくと、
足湯や、食器洗い、洗濯など気軽に
使うことが出来ます。
 

尚、紹介するミョウバン水は
原液の作り方ですので、
30倍程度の水で薄めてから使って下さいね。
 

【ミョウバン水(原液)材料】

①スーパーで売っている焼きミョウバン…40~50g
②水…1200~1500CC
③原液を入れるペットボトル

 

作り方手順

①ペットボトルに水を入れる。
この際、入れるミョウバンを30倍希釈するように調整する。
②焼きミョウバンを加える
③キャップを締めて、振り混ぜる。
————————————-
これで完成です。
希釈量さえ守れば、
調整でいくらでも作れるのが特徴♪
 

誤って飲まないようにラベルを貼って、
冷蔵庫に保存すると1週間程度日持ちしますよ。


スポンサードリンク

4. 足の臭いをとる方法まとめ

足の臭いを消す、ミョウバン水の
効果はどうでしたか?
 

私は学生のころ運動部だった為、
特に足の臭いを気にしていました。
 

外で動いた後にシューズを脱いだら…。
何とも言えないあの酸っぱい臭いがプーンっと
鼻について、大ショック!
 

雨の日は特に酷かったので、端に寄って
こっそり脱いでいたくらいです(>0<)
人によっては、対人恐怖症にも
なりかねない、臭いの問題。
 

無臭のミョウバン水を携帯していれば、
こっそり嫌な臭いを隠すことが出来水虫も予防出来ます♪
 

なんてお得なんでしょうて><
 

是非お子さんや、旦那さんの靴にも
こっそりシュッシュして、
臭いを家庭に持ち込まないようにしましょう!


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ