新型うつ病の治療法とは?チェック法はこちら!

サプリメント

今回は、新型うつ病の治療法について

話していきます。

あなたも新型うつ病かもしれない?

当てはまるかどうかチェックしてみましょう。

それではまず、新型うつ病かどうかチェックしてみましょう(^^)/

 

  • 普段は憂鬱だが、関心のあるものの時は元気である
  • 夕方以降、不安が高まり、気持ちが不安定になる
  • 1週間で3日以上1日10時間以上眠ることがある
  • 小さい頃からからいいと言われてきている
  • 体がのように重く感じる
  • いつも周囲の顔色を伺っている
  • イライラして、いろいろなことに集中できない
  • 八つ当たりが多く、人間関係が悪くなっている
  • 過食をすることがあるため、体重が増加傾向にある

スポンサードリンク

どうでしたか?

5個以上当てはまる人は、可能性があります。

 

新型うつ病のチェックとともに、うつ病のチェックもしてみましょう^^

  • 考えがまとまらず、決断集中ができない
  • 自分への不信感や罪悪感を感じ、自分を責める
  • 短い期間での体重の変化が激しい
  • 死にたいと思う
  • 普段より行動の量が変化している
  • 今まで楽しめていたことが楽しくない
  • いつも疲れる
  • 一日中、気分が落ち込んでいる
  • 不眠または過眠になっている

 

うつ病のチェックは、5つ以上ある状態が2週間以上続いた場合、
十分うつ病と考えられます。

うつ病の場合は、精神科神経科に行くと回復が見込めます。

しかし、新型うつ病の場合は、精神科や神経科にいっても、
症状が良くならないときが多いです。

 

では、新型うつ病の場合、どうすればいいのでしょうか?
それをこれから話していきますね^^

新型うつ病の治療法とは?

新型うつ病になっている人は、うつ病の症状とは違い

・何でもネガティブに捉えて過敏に反応することと、
・過去の辛く苦しい記憶が頻繁にフラッシュバック(記憶の蘇り)

していまうことが、よくあります。

 

つまり、このフラッシュバックによって、
過去の嫌な思い出が、頻繁に思い出される結果、
どんどんと症状が悪化してしまうのです。

 

ひとりで部屋にいるときや、ふとした時間があるときに、

「またあのときの苦痛が、体を蝕んでくるのか…!」

と、考え事をするたびに、何度も何度も過去の辛い記憶
フラッシュバックされます。

 

このような症状が出るのが新型なのですが、
実をいうと、似たような症状が、
新型うつ病のほかにあったのです。

それが、PTSD(心的外傷後ストレス障害
というものなんです。

 

このPTSDというのは、トラウマによって
精神障害になった人の症状をいいます。

 

戦争や災害などの、恐ろしい体験をした人が
かかるPTSDですが、

 

このPTSDの精神患者の中に、
フラッシュバックで辛い過去を思い出す
症状があるんです。

 

しかし、幸いなことに、このPTSDにかかっている人に効く、
有効な薬があります。それが、

過去の嫌な記憶を脳内で活性化させない薬で、

 

これをとることで、フラッシュバックの頻度が少なくなり
症状が回復していくのです。

そのPTSDに効果のあるこの薬が、
新型にも効果があるようなんです。

 

新型うつ病は、戦争や災害ほど強烈ではないですが、
上司にきつく言われたことや、
プライドを激しく傷つけられた体験も、

新型にかかっている人にとっては、
PTSDと同じで、一種のトラウマ状態なんです。

医者

だから、PTSDで効果のある薬を、
新型にかかっている人に使えば、

過去の嫌な記憶を思い出す頻度が少なくなり、
結果的に新型うつ病を治すことができるのです。

 

ただし、薬物治療の場合、副作用が考えられるので、
その副作用を考慮した上でとるかとらないか判断してください。

ちなみに、薬の中でSSRI選択的セロトニン再吸収阻害薬
というものが、一番副作用が少ないです。

 

もしあなたがの状態がひどくなって、

どうしようもなくなったら、

一度医者に相談してみるといいですよ。


スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ